井上俊彦 メディカル・イーティング<ガン篇>

井上俊彦 監修の「メディカル・イーティング<ガン篇>」

「メディカル・イーティング<ガン篇>」の作者 井上俊彦 氏

 

 

自然治癒能力促進協会 専務理事 井上俊彦 氏 

 

 井上俊彦氏は、ガン患者や何百人という難病の患者を食事療法により救ってこられた実績があり、食事療法のオーソリティとして広く信頼を寄せられ、講演会や指導など多忙な日々を過ごされています。

 

 そんな多忙な状態の井上俊彦氏が、より多くの患者さんが早く病気から快方されることを願って、患者さん自身が自宅で簡単に実践することのできる、食事療法のノウハウをマニュアルとしてまとめ「メディカル・イーティング<ガン篇>」として一般に公開販売するにいたりました。

 

 井上俊彦氏の説明によりますと、
 メディカルイーティングとは、「東洋医学の陰陽五行説」を基本に、長年にわたる食養理論と分子栄養学の科学的研究の末に開発された食事療法で、人間の体に本来備わっている自然治癒力を高めることにより、ガンの腫瘍を消去していきます。

 

 ガンの宣告を受けられたご本人やご家族の苦悩は大変なものです。精神的なショックはもとより、手術・入院・薬代などの高額な医療費、辛い抗ガン剤投与、危険な放射線治療、手術に対する年齢的・体力的な不安などなど、精神的・肉体的・経済的な不安は募るばかりです。

 

 西洋医学の発達した現代にあって、ガンの死亡率は増加の一途をたどっています。適切な時期に手術によりガン腫瘍を切除する方法や、抗ガン剤による治療が主流の今日です。しかし癌転移の危険性、あまりに辛い抗ガン剤の副作用、有名病院の医師ですら「自分がガンになったら抗ガン剤は使わない」と公言するほどの、患者にとっては辛い現実があります。

 


 

こちらのビデオをご覧ください−音が出ます−

 


 

 そんな日本の医学界の現状に対して井上俊彦氏は、西洋医学や中国医学を組合せするなどの「統合医学」「ホリスティック医学」と呼ばれる総合的見地による取り組みが欧米に比べて、日本ははるかに遅れているとして、医療現場にもっと高度な「食事療法」を取り入れるべしと警鐘をならしています。

 

 「メディカル・イーティング<ガン篇>」は、病院に頼らずに、自宅で、お一人でお住まいの方でも、ご家族と一緒の方でも、ともにガンを治癒できる可能性をもつ内容です。マニュアルの内容は平易な言葉で解説され、胃ガン・肺ガン・食道ガンなど、数ある種類のガンの部位別に最適な食事法が解説されていますので、間違うことはありません。

 

 井上俊彦氏は、普段の食事内容を、「メディカル・イーティング<ガン篇>」の指導通りに変えることによって、1日毎、1週間毎に快方へ向かう喜びをご家族と共に共有していただくことができるメリットを強調されています。

 

 

 

「メディカル・イーティング<ガン篇>」の効果と特徴

 

 「メディカル・イーティング<ガン篇>」の効果は、早い方では2週間、平均では3カ月ほどで症状の改善を実感できるようになっています。その後も食事療法を続けることによりほとんどの方が6カ月ほどで健康な身体に戻っておられます。

 

 井上俊彦氏による「東洋医学の陰陽五行説」を基本に、長年にわたる食養理論と分子栄養学の科学的研究の末に開発された食事療法「メディカル・イーティング<ガン篇>」は、一般書店で販売されている基礎知識だけの内容・他のネットで公開されている内容などとは異なり、ご本人やご家族がガンと向き合うのに必要なことを、具体的に解説した「実践書」になります。

 

 一般的に、ガンにかかりますと経済的に大きな負担がかかるのが現実です。病院での手術費用・入院費用・抗ガン剤や放射線治療費など、ガン治療で病院にかかるということは、1日あたり平均3〜4万円と言われる経済的負担との戦いという側面を有します。

 

 

 

 「メディカル・イーティング<ガン篇>」で指導するところの食事法では、特別な食物は必要としていませんが、あえてご注意することは、野菜類に関しては農薬を使用しない「有機野菜」に限るということです。

 

 これはとても大切なことで、お住まいの地域で「無農薬有機野菜の販売店」を見つけておくことが必要です。

 

 ちまたでガン特効食材として一時的に話題を集めたアガリクス・フコイダン・サプリメントなどは一切必要ありません。上記の野菜以外はまったく普段のお買い物で手に入れることのできる食材だけを使います。

 

 

 

「メディカル・イーティング<ガン篇>」の実績・サポート体制

 

 「メディカル・イーティング<ガン篇>」を実践された方の感想報告では、末期の肝臓ガンと診断され余命宣告まで受けた患者が、マニュアルの実践により完治し、1年を待たずに職場に復帰することができ、その後も12年経過して再発なしという例。肺ガンで余命1カ月と宣告された方が、マニュアル実践後2カ月で腫瘍が消去されていた例など、成功例は枚挙にいとまがありません。

 

 井上俊彦氏のところには、抗ガン剤治療にも失敗し、担当医からさじを投げられた患者さん、ステージ4、余命1年と告知された方などがワラをもつかむ思いで相談に来られます。

 

 そんなガン患者さんたちに「メディカル・イーティング<ガン篇>」を勧め、望みを捨てずにマニュアル通りにしっかり実践され方たちは、多くの方がガンを克復して生還への道を歩んでおられるのです。

 

 ガンを克復された患者さんたちは、その後の再発や転移がほとんどありません。理由は「メディカル・イーティング<ガン篇>」によって、どういう食事を摂るとガンの心配がないかということを、身をもって体得されたからです。

 

 しかもマニュアルはたとえ何年たっても必要に応じて読み返し、適切な食事法を確認することができます。

 

 マニュアルの内容では、ガンのそれぞれの種類に対応した食事法が解説されていますが、基本部分については、ガンの全種類だけでなく他の難病、例えば糖尿病、C型肝炎、B型肝炎、エイズなどの感染症、白内障、膠原病、脳梗塞、動脈硬化など循環器系疾患まで、ほとんどの方を改善へと導くことが出来ているのも特筆すべき点です。

 

 実践者の年齢は最高80歳の方もいらっしゃいますが、しっかり治癒することができています。

 

■マニュアルご購入後のサポート

 

 マニュアルご購入者には、井上先生の無料メール相談を無制限で受けることができます。効果には個人差があり、決して100%の約束を出来るものではありません。「メディカル・イーティング<ガン篇>」を3カ月実践してみて、効果がなかった場合には、3カ月分の食材購入レシート添付などの条件がありますが、安心の全額返金保証が用意されています。

 

 全額返金保証の詳しい内容や、「メディカル・イーティング<ガン篇>」実践者たちの生のレビュー感想が販売ページに多数寄せられていますので、是非ご覧なさることをお勧めいたします。

 

 

 


  

  

  

井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)

  

  

  

  

  

12月生まれの人に贈る今週のことわざ

  

−非学者論議に負けず−
解説:学識ない者は、へ理屈を通し、論議に負けない
ホーム RSS購読